大切なワンちゃんの長生き・元気のために。プラス「ワン」の食事の提供をご提案します。「国産・無添加・安全・安心・サプリメント」ドックフード×馬肉ミンチ 初回限定20%OFF
  • まずは馬肉を体験・お試しセット 500g【100g×5】1,280円(税別) ※一回限り
  • 馬肉で食事(健康)改善スタートキット 馬肉500g+ドッグフード800gセット2,500円(税別) ※一回限り
私達は、ワンちゃんへ「良い食」を提供することでワンちゃんが元気で健康に過ごせる事を目指しています。 例えば、下記のような症状の改善です。食いつきが悪くなった毛並みがパサパサするあまり運動しなくなった体臭がきつくなった体重が減っている。元気なイメージのワンちゃんも命あるものです。人と同じように年を取っていきます。家族の一員として健康管理・老衰対策を行いましょう。

高いのになぜ馬肉?金額以上価値馬肉にはあります。

低脂肪・低カロリーで鉄分ビタミン豊富な馬肉を!

馬肉ミンチ「plus+1」はカロリーが低く、含まれる脂肪の量も少なくなっています。現代のペットは過食気味、運動不足な傾向にありますが、抵抗力のある健康な体作りに欠かせない良質なタンパク質・鉄分・ビタミンを十分に摂取しつつ、過剰なカロリーを調整できる馬肉は、理想的な栄養調整フードです。

低アレルゲンで安心・うまみ成分たっぷりで食いつき抜群!

馬肉ミンチ「plus+1」は、一般的な牛、豚、鶏肉と比べるとアレルギーが発生しづらい食品です。
また、うまみ成分「グリコーゲン」を多く含むので食欲を増進させます。
胃腸が弱い、食が細いペットにも最適です。

アミノ酸・亜鉛豊富で健康促進、皮膚アレルギー防止、毛並みをツヤツヤに!

必須アミノ酸であるαリノレン酸やリノール酸、亜鉛をバランスよく含むため血管を丈夫にし、血液の流れを良くします。
このため栄養素が毛細血管の隅々まで運ばれ、皮膚や毛ツヤが改良されます。

馬肉はカラダにやさしいヘルシー食品です

カロリー
馬肉の脂肪はカロリーが低く、美容食としても食べられるお肉です。
コレステロール・鉄分・グリコーゲン
馬肉の脂肪はカロリーが低く、美容食としても食べられるお肉です。

馬肉の栄養

鶏(ささみ)
カロリー(kcal) 110 191 105
脂質(g) 2.5 10.7 0.8
タンパク質(g) 20.1 20.7 23
カルシウム(mg) 11 4 3
リン(mg) 170 140 220
グリコーゲン(mg) 2290 674 674-
鉄分(mg) 4.3 1.3 0.2
ビタミンE(mg) 0.9 0.2 0.2
ビタミンA(mg) 30 13 5
ビタミンB1(mg) 7.1 1.3 0.09

品質管理には最善を尽くしています。

馬肉は鉄分が多いため、空気に触れると酸化して黒く退色してしまいます。品質には問題ありませんが、見た目が良くありません。
PLUSワンはできる限り鮮度を保つため、製造を工夫(半解凍のままミンチ加工する)しております。
大切な家族の一員である愛犬に新鮮な馬肉を食べて頂く為、ご注文を頂いてから製造加工しております。
お届けまでお時間を頂きますがどうぞご了承ください。

  • ①新鮮馬肉を冷凍保存
  • ②ご注文を受けて半解凍のまま加工
  • ③ミンチ加工
  • ④冷凍のまま出荷

ドッグフード成分

ご存知ですか?市販のドッグフードの成分について

大量生産の市販のドッグフードは安くて経済的には魅力的ですね。
しかしドッグフードは食の安全の検査基準が人より厳しくないので「添加物」「防腐剤」等人間と同じように病気の原因になる物質が含まれている商品があるのも事実です。

良い成分表示の見分け方

ペットフードの原材料表示の法律による決まりです。
下記の項目の記載が義務付けられています。

①名称…何用のフードなのか(犬用、猫用・・・)
②原産国、事業所、住所…どこで作ってるのか(名前、住所、国・・)
③賞味期限
④原材料…何を使っているのか

その中で特に重要なのが、「原材料表示」です。
下記は覚えておきましょう。

原材料名の付け方は、かなり自由。細かくきちんと記載してある方が信用できます。
原材料記載の順番は原則、原材料が多い順に記載されています。
添加物の表記は一番後に、量の多さに関係なく、原材料の後の表記になります。

ブリーダーインタビュー

イタリアングレーハウンド専門犬舎 Fata I.G.
代表 荒瀬 紀代子 様

プラスワンをどのようにして知りましたか?

10年以上前ですが、当時添加物や防腐剤が入っていない安心できるドッグフードがなく、自身で開発に取り組んでいました。
その時に共通の知合いの方ににご紹介頂きました。
プラスワンのオーナーさんと実際にお会いしてみると、愛犬に対しての “こだわり” が一緒で意気投合しました。

どのくらいの期間、プラスワンの商品をご利用されていますか?

我が家では、常に20~30頭のイタリアングレーハウンドがいます。
皆10年以上プラスワンのドッグフードを食べています。

プラスワンの商品を利用することでどのような効果、変化がありましたか?
※なぜ、他社ではなくプラスワン?

お客様から「毛並みがキレイですね。何を食べさせてますか?」とよく言われるようになりました。
以前のドッグフードは毛がフサフサにはなりますがプラスワンのドッグフードに変えたら毛並みのキレイさはもちろんですが免疫力が向上したのか皮膚病や病気にならなくなりました。
ワンちゃんは季節の変わり目などお腹を壊すことがありますが、その際は便をみて健康状態を確認します。
市販の添加物などが入っているドッグフードは体調不良の時も、そうでない時も便の状態が同じなのでワンちゃんの体調がわからないんです。
また、ワンちゃんがお腹を壊していることも気付かないので原因を探すこともできません。
プラスワンのドッグフードは、ワンちゃんの体調の変化がそのまま便にでるので何かあればすぐに対応ができ、しっかり健康管理ができています。

今後、プラスワンに期待すること、ご要望があればお伝え下さい。

我が家のワンちゃんは皆健康で長寿です。
プラスワンのドッグフードに出会ってなかったら、早死にしていましたね。 これからも末永くよろしくお願いします。

ワンちゃんにも大人気!

プラスワンドッグフードの
購入者インタビュー

プラスワンをどのようにして知りましたか?

わんこのゴハンの食いつきが悪いなと悩んでいた時、オーナーさんとSNSで知り合って知りました。

なぜ、プラスワンの商品を継続的にご利用ですか?

馬肉に関しては、まずパラパラミンチの品質の良さ。フードは食べさせても安心できると信頼しているからです。

なぜ、他社ではなくプラスワン?

わんこの事を誰よりも愛してやまない方が作っている事と、フードに含まれる原材料をホームページに載せていらっしゃるので、絶大な信頼があるからです。

プラスワンの商品を利用することでどのような効果、変化がありましたか?

まずわんこ達の食いつきが良くなりました。
ご飯が楽しみでたまらないといった感じです。
そのうちの1匹はいつも夏になると皮膚炎を起こしていたのですが、プラスワンのフードと馬肉に変えたところ、全く発症しなくなりました。

今後、プラスワンに期待すること、ご要望があればお伝え下さい。

わんこ達にとって、優しくて美味しいゴハンをこれからもお願いします。
おやつの種類にも期待しています!

獣医さんもオススメ!
馬肉が良い理由とは!

近年、ワンちゃん用の食事の進歩はめまぐるしく、質の高いフード類が次々と開発されています。中でも馬肉の使用は様々な長所から大変注目すべきものと考えます。
良質のたんぱく質と豊富なミネラル(鉄やカルシウムは牛・豚の倍以上)を含んでいること。これにより、抵抗力のある丈夫な身体作りが可能です。
うまみの元であるグリコーゲンが豊富で牛の約2倍と言われています。そのため食いつきは抜群です。
牛や豚に比べ脂肪分がすくないという事。カロリーはなんと牛の半分以下、豚の半分程度とされています。
脂肪分の半分以上が不飽和脂肪酸であり、必須脂肪酸のω-6(リノール酸)やω-3(αリノレイン酸)が豊富な上に亜鉛を多く含むため、毛艶の改善、血行の改善、健康維持を図ることが出来ます。
ビタミンE(αリノレイン酸の吸収を助けたり、体に有害な活性酸素等の除去に必要)は、牛・豚の倍以上含まれ、その他ビタミンAやB12、ナイアシンなども多く含みます。B12の造血作用とナイアシンの粘膜保護作用により血液や血管が丈夫なものとなります。
低アレルゲンである事。そのため食物アレルギーのワンちゃんに対する食事として選択しやすく、アレルギー食に用いるべきいわゆる新奇蛋白として注目されています。
奇蹄目(蹄の数が奇数)であるため偶蹄目(蹄の数が偶数:牛や豚など)のかかる狂牛病や口蹄疫に罹りません。非常に安全性の高いお肉といえます。
以上の様に、馬肉は非常に質の良いお肉といえます。ハンドメイド食に入れるも良し、普段のドッグフードにトッピングするのも良いでしょう。自信を持っておススメします。

福岡県北九州市折尾動物病院 永野先生

店長ご挨拶

店長の小谷です。
愛犬の健康を第一に考えて、安心安全な商品を販売しております。
その中でも特にプラスワンがおすすめしたいのは、いつものドッグフードにスプーン1杯分プラスするだけで、愛犬の健康維持が期待できる「馬肉ミンチ」です。
縁があって家族として迎えた愛犬を一日でも長く、健康に過ごせるように応援していきたいと思ってます!

PLUSワンの馬肉の開発の経緯

販売しようと思ったきっかけは、我が家のダックスに馬肉をあげたこと。
数日、あげ続けてみると、毛艶、毛並みがみるみる良くなりました。
販売を開始するにあたり、まずは商品のパッケージから始めました。
何グラム単位にするか。形状はどうするか。価格はいくらにするか。
etc・・・
他社を知るためにいろんな販売店さんの馬肉を買ってみて、価格帯と商品の品質を調べました。
思いのほか、鮮度に違和感があるものが多く、自社の製品の良さを再認識しました。
形状をユーザーさんの意見と、我が家での使いやすさを考え今の冷凍パラパラミンチに決定。

初めは、ミンチがくっついて冷凍されていたりして参りました。
商品が出来、通販としての流通の仕組みも完成して、営業開始。
初めは、県内のトリミングショップを電話帳片手にアタック。
結局ヒットなし。

その後、知人の紹介で、県内の専門学校に行きました。ちなみにここです。
http://www.eco.ac.jp/

そこで出会ったのが、トレーナーを育成する先生兼フリスビードッグ界で日本一になった方で、馬肉のユーザーさんでした。うちの馬肉を試してもらい、太鼓判をいただき、所属するフリスビードッグ協会(日本フリスビードッグ協会)を紹介してもらいました。

その学校では、学生の論文のテーマでうちの馬肉を取り扱っていただきました。
「馬肉をあげると犬の体調はどう変化をするか」まず初めは地元の大会から、販売用のテントを立ててサンプリング。
だれも止まってくれず、途方に暮れてました。
大会は毎週末、全国どこかでやっているので、熊本、山口と足を伸ばし、まずは顔を覚えてもらいました。
徐々に「あ、馬肉屋さん!」と声をかけてもらえるようになり、全く知らない会場では「ほら、あそこの馬肉はいいらしいよ・・・」「使いやすいみたいよ・・・」という会話が背後で聞こえてくるようになりました。

そこまでなるのに、行った大会会場は、熊本、大分、長崎、福岡、山口、広島、岡山、兵庫、奈良、山梨、埼玉、茨城、新潟…今では、定期購入のお客さまも増えてきて、さらに口コミで紹介を頂けるようになりました。
最近は、「ちょっと切らしただけで、毛がパサパサになる…」とか、「よその馬肉はだめだったのに、PLUSワンは大丈夫!」とか言ってくれるようになりました。
一人?1ワン?でも多くの子に、良い馬肉を提供したいと思ってます。